企業情報

トップメッセージ

私たちの目指す姿は、広告の枠を超え、
地域社会の発展や関わる人々に笑顔を届ける会社

そもそも企業は何のために存在するのでしょう?
それは、この地に足りないモノゴトを補い、社員や社会が幸せになることが本当の目的。
そう、私たちの最大のミッションは、「地域活性化」の分野です。
広告の枠を超え、地域の課題や問題に真正面から取り組み、この地に暮らす人々に「活力」を届けること…。
それができるのも、多くのクリエイターによる「社内一貫制作体制」があるからです。
「信州で、クリエイターが活躍できる未来を築きたい」という、
創業者の想いが身を結び、「ワンストップで課題を解決」する体制が実現しました。
だから、スマートフォンを中心にした時代の到来や、
めまぐるしく移り変わる人々のコミュニケーションにも、順応に対応できるのです。
そこには、生活者の『心を動かすクリエイティブ』があるから。
私たちは、常に「社会にとって、ほんとうに善いことか」を自問自答しながら、
この地に役立つ「いい会社」を目指します。
代表取締役社長 赤羽 悠一
イメージ

 

行動指針

行動指針

社会との架け橋となる「人間力」を育成

私たちは、広告のプランを練る前に「考え、発想する姿勢」を大切にしています。そのためには、社員一人ひとりが、日々問題意識を持ち、時代のニーズを読み、課題に対応できるスキルを受け継ぐ教育を実施しています。

沿 革

昭和46年
赤羽デザイン研究所を開設
昭和48年
アド・コマーシャル株式会社を開設
信越放送・長野放送と広告代理店契約
昭和49年
信濃毎日新聞社と広告代理店契約
昭和55年
テレビ信州と広告代理店契約
昭和56年
コンピュータ版下作図機ライナックス導入
昭和57年
東海テレビ・山梨放送と広告代理店契約
昭和58年
本社・新社屋完成

115m²坪商業写真・ビデオ撮影専用スタジオ新設

3/4インチビデオUマチックシステム導入
諏訪オフィス開設

昭和60年
OAシステム導入(販売管理、財務管理、顧客管理)
■IT時代に向けてデジタル化構築開始
昭和61年
大日本スクリーンカドグラフ導入
CANON EZPS 導入
伊那ケーブルテレビジョン(株)と業務提携
昭和62年
大日本スクリーン採字装置導入
昭和63年
FM長野と広告代理店契約
秋田テレビと広告代理店契約
本社社屋増築(300m²)
平成元年

熊本県民テレビと広告代理店契約

新潟放送と広告代理店契約

平成2年
北海道文化放送と広告代理店契約
ベータカムビデオシステム導入
平成3年
長野朝日放送と広告代理店契約
テレビ山梨と広告代理店契約
テレビ宮崎と広告代理店契約
FM富士と広告代理店契約
デジタル通信網ISDN[INS64]導入
資本金1,500万円に増資
松本支社開設
マッキントッシュグラフィックコンピュータシステム導入
■第2次デジタル化構築開始
平成4年

代表取締役会長に 塚越 寛 就任

代表取締役社長に 赤羽 通 就任
テレビ静岡と広告代理店契約

東海ラジオと広告代理店契約
東京オフィス開設

平成5年
テレビ新潟と広告代理店契約
平成6年
文化放送と広告代理店契約
マッキントッシュグラフィックコンピュータシステム増設
長野支社開設
平成7年
諏訪湖ハウジングセンターオープン
■第3次デジタル化構築開始(ITへ本格参入)
平成8年
インターネットサービス開始
adcm.co.jpドメイン取得
ノンリニアデジタルビデオ編集システム導入
シリコングラフィックスCGシステム導入
CD-FACTORYシステム導入
平成 9年
3月 飯田ハウジングセンターオープン
4月 上田総合住宅展示場オープン
8月 3D MAX Windows NT CGシステム導入
平成10年
3月 福島中央テレビと広告代理店契約
4月 本社社屋増築(330m²)
4月 伊那ハウジングセンターオープン
6月 富士通販売店契約
9月 長野支社・長野駅東口に移転
9月 制作MAC DTP新システム再構築(本社・長野)
10月 WindowsNT販売管理新システム構築
平成11年
4月 東京オフィス・渋谷区笹塚に移転
5月 イメージセッタ LuxSetter 5600V導入
5月 PM-9000C大型インクジェット出力機導入
7月 EPSON・オリンパスと代理店、販売店契約
■第4次デジタル化構築開始
平成12年
3月  飯田ハウジングセンターリニューアルオープン
3月 Wedドライブカード商標登録、発売開始
8月 デジタルショップサイトad-co.comを取得
9月 上田総合住宅展示場リニューアルオープン
9月 厚生労働大臣認可有料職業紹介事業許可
平成13年
3月 人材紹介事業「かがやき信州」開始
3月 D-TV(ディーテレビ)とパートナー契約
5月 映像・音声ナビゲーションシステム販売開始
12月 ノンリニアビデオ編集機targa3000システム導入
平成14年
2月 全拠点を結ぶメガデータネットワーク構築
5月 カラーオンデマンド印刷機
5月 XEROX カラードキュテック60導入
5月 協力会「悠々会」発足
5月 tatedoki.jpドメイン取得
8月 ハウジングポータルサイト「建てどき.jp」運営開始
9月 伊那ハウジングセンターリニューアルオープン
平成15年
8月 諏訪湖ハウジングセンターリニューアルオープン
10月 就職チャンスインターネット事業開始
10月 エルシーブイ(株)と代理店契約
12月 松本ハウジングセンターリニューアルオープン
12月 コミュニティーメディア事業部を新設
12月 週刊いな情報誌e-10(イーテン)創刊/同時にe-10.Jpドメイン取得
平成16年
2月 PX-9000C大型顔料系インクジェット出力機導入
2月 長野支社・長野市高田に移転(890m²)
3月 同時にマルチメディア事業部を移転
3月 トッパンフォームズ(株)と2次元バーコード携帯ASP
3月 「ゆびコマ」サービスセールスパートナー契約
4月 新潟総合テレビと広告代理店契約
4月 新潟テレビ21と広告代理店契約
■第5次デジタル化構築開始(デジタル放送と通信の融合)
平成16年
8月 青森放送と広告代理店契約
3月 CANONハイエンドデジタルカメラ導入
11月 静岡第一テレビと広告代理店契約
平成17年
1月 HD(ハイビジョン)制作システム導入
4月 琉球朝日放送と広告代理店契約
4月 上越ケーブルビジョンと広告代理店契約
9月 本社大型倉庫新設
10月 長野支社駐車場用地拡張
11月 東芝コンシューマーマーケティングと販売契約
12月 諏訪営業所・諏訪市大手に移転
平成18年
1月 松本支社・松本市石芝に移転
3月 奈良テレビ放送と代理店契約
3月 クラフトショップ「粋:iki」伊那ハウジングセンター内にオープン
9月 富士フィルムXEROXデジタルオンデマンド印刷機DocuColor7000導入
10月 東京オフィス・新宿区舟町に移転(四谷三丁目交差点)
11月 廣印社より事業を譲受
平成19年
1月 エムケー精工と電光表示装置販売契約
9月 飯田ハウジングセンターリニューアルオープン
平成20年
3月 日本初「国民体育大会」協賛企業募集業務の成功に対し村井実行委員長(長野県知事)より感謝状を受ける
10月 ZAGAT長野版業務委託契約
平成21年
1月 富山テレビと広告代理店契約
4月 諏訪営業所・諏訪市高島に移転
5月 BS朝日と広告代理店契約
7月 中京テレビと広告代理店契約
8月 富士XEROXデジタルオンデマンド印刷機700DCP導入
■第6次デジタル化構築開始(デジタル放送・IT環境完全対応)
平成22年
7月 e-10リニューアル
11月 NEXT-MEDIAビジネスフェア実施
12月 私募債発行
平成23年
1月 クロスメディア事業部を新設
1月 チューリップテレビと広告代理店契約
3月 名古屋テレビと広告代理店契約
3月 HDノンリニア編集機入れ替え
3月 デジタルオンデマンド印刷機富士XEROX700DCP本社に導入
4月 Yahoo代理店としてリスティング広告取り扱い開始
7月 信州映蔵アーカイブ、ナガノe-チラシタウン開始
12月 TBSラジオと広告代理店契約
平成24年
2月 BS-TBSと広告代理店契約
4月 テレビ朝日・テレビ西日本と広告代理店契約
5月 PX-H9000大型顔料系インクジェット出力機導入
10月 長野社屋増築
平成25年
2月 ニッポン放送と広告代理店契約
3月 見積・販売管理、会計・給与システムリニューアル
3月 ブランドマネジメント推進部設立
4月 あづみ野エフエム放送と広告代理店契約
6月 太陽光発電装置設置
7月 CBCラジオと広告代理店契約
9月 私募債第2回目発行
11月 岩手めんこいテレビと広告代理店契約
11月 アイビーシー岩手放送と広告代理店契約
平成26年
2月 環境に配慮した電気自動車日産リーフ導入
3月 代表取締役会長に赤羽通就任
代表取締役社長に赤羽悠一就任
5月 エフエムまつもとと広告代理店契約
6月 太陽光発電設備を長野支社に設置
7月 富士XEROXcolor75を長野支社に導入
平成27年
3月 粋Gallery伊那ハウジングセンター内にオープン
12月 本社社屋改修
12月 FM愛知と広告代理店契約
平成28年
2月 創立45周年「感謝の集い」
4月 富士XEROXVersant80Pressを本社に導入

表彰一覧

イメージ
■信濃毎日新聞社 広告賞
受賞
件 名
2018.01

○第47回信毎広告賞(1月話題広告賞)(1月特別賞)

学校法人松商学園 松本大学・松商短大

伊那食品工業株式会社

オリオン機械株式会社

2017.07

○第47回信毎広告賞(1月特別賞)

株式会社クア・アンド・ホテル 信州健康ランド

2017.01

○第46回信毎広告賞(1月話題広告賞)

学校法人松商学園 松本大学・松商短大

2016.07

○第46回信毎広告賞(7月特別賞)

松川村

2016.01

○第45回信毎広告賞(1月話題広告賞)

オリオン機械株式会社

2015.10

○第45回信毎広告賞(10月話題広告賞)

塚原石産興業株式会社

2013.01
○第42回信毎広告賞(1月話題広告賞)
「オリオン機械株式会社」
2012.06
○第41回信毎広告賞(6月話題広告賞)
「株式会社 長印」
2012.01
○第41回信毎広告賞(1月話題広告賞)
「オリオン機械株式会社」
2011.09
○最優秀賞
「箕輪町」
2011.09
○準優秀賞
「オリオン機械株式会社」
2010.09
○準優秀賞
「伊那食品工業株式会社」
2008.09
○優秀賞
「松本大学・松商学園」
■信濃毎日新聞社 新聞広告の取扱い 表彰
受賞
件 名
2017.01
○金賞(H28年度 新聞広告の取扱い)
2016.01
○銀賞(H27年度 新聞広告の取扱い)
2015.01
○銅賞(H26年度 新聞広告の取扱い)
2011.01
○金賞(H22年度 新聞広告の取扱い)
2009.01
○金賞(H20年度 新聞広告の取扱い)
2008.01
○銅賞(H19年度 新聞広告の取扱い)
2007.01
○銅賞(H18年度 新聞広告の取扱い)
2005.01
○銀賞(H16年度 新聞広告の取扱い)
2003.01
○金賞(H14年度 新聞広告の取扱い)
2002.01
○銅賞(H13年度 新聞広告の取扱い)
2001.01
○銀賞(H12年度 新聞広告の取扱い)
2000.01
○銀賞(H11年度 新聞広告の取扱い)
■信濃毎日新聞社 新聞広告企画賞
受賞
件 名
2017.01
○優秀賞
御柱祭」(H28年1月1日30段カラー他)
2017.01
○佳作
ゴミの少なさランキング全国1位」(H28年3月30日15段カラー他)
2016.01
○上期優秀賞
信越自然郷」(H27年3月31日60段カラー)
2016.01

○下期佳作

レディエントウーマン」(10月15日15段カラー)

2015.01
○下期佳作
「わたしたちの街の社会見学2014」(H26年11月21日30段ワイド版カラー)
2015.01
○上期佳作
「木曽漆器まつり」(H26年6月1日15段カラー)
2014.01
○創刊140周年記念特別賞
「激走!春の高校伊那駅伝
2013.01
○下期佳作
「考えよう 信州の『名水』の未来」 (H23年9月30日15段カラー)
2012.03
○上期佳作
「子どもたちに笑顔をおくろう 絵本贈呈企画」 (平成23年3月17日15段カラー)
2011.01
○上期優秀賞
「御柱祭ガイドブック特集」(H22年1月1日30段カラー)
2011.01
○年間企画賞
「信州ガイドブック」(30段カラー)・「わが街の今 空から拝見」(30段カラー)
2010.01
○下期優秀賞
「飛騨高山周遊ガイドブック改訂版企画」(H19年9月18日30段カラー)
2009.01
○佳作
「長野かがやき国体企画」(H20年1月25日・26日各30段カラー)
2008.01
○下期佳作
「飛騨高山周遊ガイド企画」(H19年9月23日・29日各P2回)
2007.01
○上期優秀賞
R361権兵衛トンネル開通一連企画(H18年2月3・4日各二連版30段及びガイドブック)
2005.01
○年間特別賞
御柱企画(H16年4月1日ほか二連版30段4回及びガイドブック)
2004.01
○佳作
ホームページ大特集(H15年5月31日)
2003.01
○優秀賞
「松本市制施行50周年・新生まつもと」(H14年8月9日見開き30段)
2002.01
○優秀賞
「環境アクティブ」(H13年3月18日)
2000.01
○優秀賞
「ハウジング・アクティブ」(H11年11月7日朝刊)